独特なルールが多すぎるラーメン店について

こんなルールも?個性派・こだわりの強いラーメン店について

食べ方にも独自のルールがある

老若男女問わずファンの多い食べ物と言えばラーメンです。塩・しょうゆ・味噌・とんこつがスタンダードですが、ご当地ラーメンや変わり種といくつもの種類があり私達の胃袋を満たしてくれます。国内でもラーメン店はかなりの数があり、チェーン店だけではなく個人店も多く立地しています。
そんなラーメンですが、日本では初めて食べられたのが1665年、徳川光圀が中国の儒学者が作った汁そばを食べたのが始まりでした。そこから時は流れ1884年あたりに函館に国内初のラーメン店が創立しました。そこから徐々に浸透し全国に広がりを見せたのです。
きっかけを与えてくれたのは中国ですが、日本に浸透したラーメンは中国から渡ってきたラーメンとは全くの別物に進化していきました。
ご当地ラーメンはもちろんですが、近年では個性を出す為に麺と出しのお店としてオープンする、あるいは超大盛りでボンレスハムの様なチャーシューをのせると言った差別化を図っています。
また、ラーメン自体の日本での独自化のみならず、店構えも進化しています。
これまでのラーメン店と言えば店内で注文し、ラーメンが来たらそのまま食べるのも良し、調味料をかけたりアレンジしたりして食べていました。
この従来の食べ方やマナーでは無く、ラーメン店自らがルールとなってお客さんにそのルールを守らせると言うお店が増えています。ここではそんな個性派、独自のルールを決めているラーメン店を紹介しています。

ラーメンの歴史を知る

ラーメンと言えば出来立てのアツアツをスープと一緒に勢いよくすする。それが醍醐味ですが、個性派ラーメン店には独自の食べ方がある様です。 お店によってはその食べ方を守らないと、退場というペナルティを出される事もあります。食べ方のルールについて説明しています。

振る舞いやNG行為があるのです

こだわりの強いラーメン店では、食べ方以外にやってはいけない禁止事項や立ち振る舞いがあります。 納得出来るルールから、やや理不尽だと感じるルールもありますので紹介していきたいと思います。ここでは食べる、という行為以外のルールについて説明しています。

マインド一つでラーメン店を楽しむ

ルールや独自のこだわりを持ったラーメン店に入ってしまった時「しまった!」と思う必要はありません。 ルールを楽しく守れば良いですし、こだわり過ぎた取り決めに関してもマインド一つでそのお店自体を楽しめます。せっかく来たのだから楽しんでラーメンを頂きましょう。